松葉ガニの通販おすすめランキング!絶対失敗しない選び方も紹介

ジャンル別かにランキング

松葉ガニとは、鳥取県の境港や兵庫の津居山港などの山陰地方で水揚げされる、高級ズワイガニです。2019年の漁の解禁日は11月6日です。11月~3月が旬で身入りがよく、カニ本来の甘味を感じられることから、ズワイガニの中でも特に人気の種類です。

美味しい松葉ガニを食べたい!という人のために、ここでは松葉ガニが買えるおすすめの通販サイトをご紹介します。管理人も食べて大満足したおすすめ商品もピックアップしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

松葉ガニの通販 人気おすすめランキング

おすすめの松葉ガニの通販サイトをランキング形式で紹介します!このランキングは以下の項目をポイントに選んでみました。

  • カニの品質や鮮度がいいものであること
  • 利用者の口コミが高評価であること
  • 安心して購入できるサイトであること

こちらのポイントを満たすものでおすすめの松葉ガニ通販サイトを3つ紹介します♪

  1. 鮮魚てらかわ
  2. 朝市広場
  3. 風味絶佳.山陰

鮮魚てらかわ

鮮魚てらかわさんは、松葉ガニ専門店!兵庫県の城崎温泉にある魚屋で、料亭や旅館でも利用する品質の良い松葉ガニを取り扱っています。

山陰の津居山漁港で水揚げされた「津居山がに」と呼ばれる松葉ガニをボイルや生で販売中。見冷凍での発送というこだわりも!

贈答用はもちろん、足落ちなどの訳あり商品は正規品よりもかなり安く販売しているからお財布に優しいのも嬉しい!

▼イチオシ人気商品

朝市広場


朝市広場は兵庫県城崎温泉にある人気温泉旅館「kinosaki Spa&Gardens湯楽」が運営するお店です。老舗旅館で出される美味しい松葉ガニが家庭でも楽しむことができます。

店長自ら毎朝セリに立ち、美味しい松葉ガニを仕入れます。津居山漁港と柴山漁港で水揚げされた松葉ガニを取り扱っており、確かな目利きで極上の松葉ガニを届けてくれます。

注文時に釜茹でか活か選ぶことができるから、食べ方によってチョイスできるのも嬉しいポイント。漁港から仕入れた新鮮な松葉ガニはとにかくうまい!

▼イチオシ人気商品

風味絶佳.山陰

風味絶佳.山陰は鳥取県、島根県の産直グルメを取り扱うお店です。カニの本場、山陰境港から水揚げされた松葉ガニは、鮮度抜群で繊細な味が特徴です。

自宅用の訳あり品は、足折れや傷あり、ブランドタグがないためかなりの格安で販売されています。

また、このお店はとても珍しい、100%返金保証を行っており商品に満足できない場合は返金または代替品の送付というサポートを行っています。高価な買い物だから、失敗せずに安心して買いたいという人におすすめです!

▼イチオシ人気商品

管理人が買った!美味しかった松葉ガニ商品の口コミ

実は管理人も松葉ガニは大好物!通販で購入してこれは良かったぞ!間違いなかった!とおすすめできる、松葉ガニを紹介します。

  • 【鮮魚てらかわ】『松葉がに』茹でたて未冷凍のタグ付 1匹入(約700g~800g)
  • 【風味絶佳.山陰】訳あり松葉がに約1.5kg詰(3〜5枚入)

【鮮魚てらかわ】『松葉がに』茹でたて未冷凍のタグ付 1匹入(約700g~800g)

レビューの良さに飛びついて買ったのですが、期待を裏切らない最高に美味しい松葉ガニでした。訳ありなのは足折れというだけで、品質は間違いなかった(●^o^●)

身入りもいいし、カニ味噌もギュギュっとつまっていて大満足!しかも、想像以上に大きいんですよ・・・1キロあるんじゃない?っておもいました。高級と言われるだけあって、カニ本来の味をしっかりと堪能できました。未冷凍ならではの鮮度の良さにも感激!

この商品をチェックしてみる

【風味絶佳.山陰】訳あり松葉がに約1.5kg詰(3〜5枚入)

量が多いから家族みんなでたっぷり食べれました。足折れや小さめのカニが入っているなどの訳ありですが、品質は想像以上に良かった!鮮度抜群の濃厚な味噌の味に、家族みんなで唸り声を上げてしまいましたよ(笑)

お値段以上の品でした!安心保証サービスがついている点すごく安心して買えるポイントでしたね。何かあってもちゃんと対応していただけるショップですのでおすすめです。

この商品をチェックしてみる

失敗せずに美味しい松葉ガニを通販で選ぶポイント

松葉ガニを買いたいけど失敗せずに美味しいものをゲットしたいという人は、選ぶポイントを知っておきましょう◎

  • 産地証明タグ付きを選ぶ
  • 値段の相場を知っておく
  • 訳あり・訳なしかをチェックする

産地証明タグ付きを選ぶ

松葉ガニには、産地証明を表すタグが付けられています。このタグは、産地によって色がち違います。松葉ガニは兵庫の津居山、柴山、香住、浜坂、京都の間人、浅茂川や鳥取県の境港や網代や賀露の漁港で主に水揚げされます。

同じ松葉ガニでも水揚げされる漁港によって呼ばれ方が変わり、津居山ガニや柴山ガニなどと漁港名が付けられて呼ばれます。同じ松葉ガニなのにちょっとわかりづらいですよね(;´・ω・)でも、これらぜーんぶ松葉ガニなんですよ。

そんな松葉ガニですが、通販で買う場合は産地がしっかりと証明されているタグが付いているもの、水揚げ漁港が明確に記載されているものを選びましょう。どこの漁港でとったかもわからないカニは、正直松葉ガニなのかどうかも怪しいですからね。

松葉ガニの安心の目印が産地証明タグなんです。

値段の相場を知っておく

松葉ガニの価格の相場は実は結構曖昧です。というのも、漁がおこなわれている間はずっと価格が変動しているからです。

おおよそで言うと

  • 800~900gで10,000円~12,000円
  • 1kgでは15,000円 ~

くらいでしょうか。産地や品質、サイズ、訳ありかどうかでもかなり値段は変わってきます。足折れなどの訳あり商品は比較的リーズナブルな価格で販売されています。

でも、極端に安いものや高いものには注意が必要です。怪しいなと思ったときは、産地証明タグがついているかや、水揚げ漁港はどこなのかをしっかりとチェックするようにしましょう。

訳あり・訳なしかをチェックする

訳あり、訳なしで選びましょう。もちろん、訳あり松葉ガニの方がダントツで安いです。

訳ありにも色々な理由がありますが

  • 脚・肩が折れてしまってフルシェイプではない
  • 足し脚してある
  • 脚の長さが不ぞろい

などの理由がおすすめです。身入りや品質にほとんど影響がなく、見た目が悪いからお安くなっているからです。

逆に

  • 保存期間が長い(冷凍やけしている)
  • サイズが小さい
  • 身入りが少ない

などが理由の訳あり松葉ガニはやめておきましょう!美味しくないし、食べるところが少ないということになります。

訳ありである分、訳なしよりは失敗リスクが高くなってしまいます。だからこそ、訳ありの訳をしっかりチェックしてください。

松葉ガニとズワイガニの違い

松葉ガニはズワイガニなのに、一般的なズワイガニとどこが違うのか・・・?

その違いは、水揚げした場所によって呼び分けられている名前です。松葉ガニという名前で呼ばれていますが、種類としてはズワイガニです。

松葉ガニは、山陰地方の島根県から京都府の漁港で水揚げされたズワイガニにつけられた呼び名です。名前は違いますがれっきとしたズワイガニなんですよ。

同じことで言えば、福井県の越前ガニもそうです。越前ガニも種類はズワイガニです。越前地方の港で水揚げされているズワイガニが越前ガニという呼び名で呼ばれています。

松葉ガニとセコガニの違い

松葉ガニと調べるとセコガニが出てくるんだけど、なんで!!??と不思議に思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。(私も昔はよくわかってなくて思ってました笑)地域によっては、セコガニの他に「せいこ」「こっぺがに」とも言うそうです。

松葉ガニとセコガニの違いはオスかメスかの違いです。

  • 松葉ガニ・・・山陰地方で水揚げされる松葉ガニのオス
  • セコガニ・・・山陰地方で水揚げされる松葉ガニのメス

オスとメスでなぜ名前が違うのかというと、大きさが全然違うんです。松葉ガニに比べてセコガニはだいぶ小さいです。

市場に出回っている大きな松葉ガニは全部オスなんですよ。価格も、松葉ガニと比べるとセコガニの方が比較的リーズナブルなのも特徴です。

じゃあ、メスのセコガニは美味しくないの・・・?というとそうでもないんです。セコガニはセコガニで美味しい!

セコガニは足が細く食べる身は少ないですが、オスの松葉ガニにはない「外子」と「内子」がとにかく絶品!

  • 外子・・・腹部にある卵
  • 内子・・・甲羅の中にある卵巣

セコガニの外子はプチプチとした食感で癖になる味わい。内子は濃厚で、カニ味噌との相性も抜群です。このようにオス・メスの違いはあれど、松葉ガニもセコガニもとても美味しいカニです。

まとめ

美味しい松葉ガニについてご紹介してきました。

高級ズワイガニだからこそ、カニの美味しさが味わえます。11月頃から水揚げされ解禁される松葉ガニは、甘味あり鮮度も良い状態なのでとても美味しいですよ。

ここで紹介した松葉ガニの通販サイトはどれも安心して購入できるショップのみです。ぜひ、美味しい松葉ガニを食べてくださいね。

⇒松葉ガニの通販 人気おすすめランキングはこちら

タイトルとURLをコピーしました